読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくら個別北名古屋校の風景

さくら個別北名古屋校の教室長澤木が写真とともに日々の様子を発信します!

眠気覚ましに体を動かそう!キャッチボールができる塾

塾日記

f:id:sawaki0318:20160130095845j:plain

こんにちは。

澤木です。

最近とても寒くなってきましたね。暖冬と言われていたのがウソのような寒さです。

以前、眠くなるので教室のエアコンはつけない!という記事を書きましたが、さすがに寒すぎるので暖房を強めにかけています。しかし、そうするとやっぱり眠気が襲ってくるんですよね。何人かの生徒がウトウト。こりゃ何かしら手を打たないわけにはいけません。

対策1:エアコンを弱める

一番簡単な対策です。設定温度を1、2℃下げるだけ。風量は弱。

しかし、教室を適温に保つのは結構難しいんですよね。1、2℃違うだけで全然体感温度が変わってきます。先日、設定温度を下げたところ、寒くなりすぎて上着を着出す生徒がいました。

そもそも人によって適温は違いますからね。誰に合わせるかでまた変わってきますね。寒くて震える生徒や講師がいなければいいかなあと。←アバウトです

対策2:ゲームで遊ぶ

 眠そうな子は休み時間にゲームに誘うことがあります。ゲームの記事はこちら↓↓

sakura394kitanagoya.hatenablog.com

眠そうにしている子が目を覚ませばいいので、2人用のBLOCKHEADでもOK。人数がいればハゲタカをやるのがいいですね。盛り上がれば盛り上がるほど目覚め効果は抜群でしょう!そのはず!

対策3:体を動かす

目を覚ますには体を動かすのが一番いいと思います。ということで、塾の周りを1周全力で走って来い!と行かせた生徒もいました。しかし、危ないし、寒いし、オススメできることじゃないです。そもそもそんな提案に素直に従う生徒はほぼ0です。

当塾にはサッカー部があるんですが、その部活動用にいらない紙を丸めてボールを作りました。

f:id:sawaki0318:20160122193329j:plain

最近はこのボールでもっぱらキャッチボールを楽しんでいます。サッカーはあんまりやっていません。

このキャッチボールが意外といい運動になるんですよね。本気で5分やると汗ばんだりしますから。力を込めて強く投げることが大事です(運動が得意な男子中学生には手加減してもらいますが)。

さらに運動量を増やしたいなら、取りやすいボールを投げるより、多少左右にズラして投げて受け手側を動かすほうがオススメです。コントロールが甘い生徒とキャッチボールをしていて、取るときに左右に動かされた私の経験からそう思います。

その生徒とのキャッチボールを終えたあとはいつも息切れしていました(苦笑)。今は上手になってそんなこともなくなりましたけど。

勉強だけでなくキャッチボールが上達しました。さくら個別指導学院北名古屋校はキャッチボールができる塾なのです。

 まとめ

 ポカポカして暖かいと眠くなります。朝から学校へ行って、疲れた状態で塾に来ているのですから尚更ですよね。

疲れた体でがんばって塾に来てくれているので「気合で乗り切れ!」という精神論だけでなく、色々手を打って行きたいと思います。

出来るだけ眠気を連れてこないように生活習慣を整えてもらうことが一番なんですけどね。そこは強く伝えていきます。無駄に夜更かしして眠いなんて舐めてます。

それでも、どうしても眠い生徒が居たならば、キャッチボールに誘います。体を動かすのが眠気をやっつけるのに一番効果的だと私は思うので♪

勉強も運動も全力で楽しんでいきましょう!