読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくら個別北名古屋校の風景

さくら個別北名古屋校の教室長澤木が写真とともに日々の様子を発信します!

今日から3goodをはじめよう!小さな幸せ拾って過ごしませんか?

個人

こんにちは。

澤木です。

 

f:id:sawaki0318:20151103182134j:plain

3goodって聞いたことあります?

毎日その日にあった良かったことを3つ書き残すことを3goodといいます。私はTwitterで毎日つぶやくようにしていますよ。気付けばもう3年半程ずっと続けています。疲れていようが旅行に行こうが、おそらく毎日。この3goodが私の生活をハッピーにしてくれています。

えぇ半分くらいは思い込みです。別に3goodを書くようになったからといって何か劇的に変化があったわけではありません。気持ち次第ってやつですね。

嫌なことは印象に残りやすいですが、良いことって当たり前化して薄れていっちゃうじゃないですか。ほら、毎日美味しいご飯が食べられる幸せとか、家族や友達がすぐ近くにいてくれるとか、すごくありがたいことなんです。でも、それを「ありがたい」「良かった」って日々の生活ではなかなか考えられないんですよね。

意識しないと不満にばかり目がいきがちです。「今日の夕飯魚かよ!テンション下がるわー」「あいつマジでうざい」なんて言っちゃいがちです。あぁぁぁぁぁ…。グチグチと小さな不満をため続けるくらいなら、あえてコツコツ小さな幸せを拾って過ごしましょうよ。そうしたほうが人生が豊かになりますよ。

些細な事も良いこと

私の3goodで一番出てくるフレーズは「美味しかった」と「うまかった」です。どんだけ食いしん坊なんだ(笑)。しかも、私は好き嫌いなくほぼすべての食物をおいしく食べられます。私はただご飯を食べるだけで幸せになれるんですよ。食べなきゃ生きていけませんから、私にとって生きる=幸せなんです。

1日の中で良かったことは意識すればたくさんあります。そんなにないと感じるなら意識していないだけですよ。「ご飯が美味しかった」「今日はいつもより多く笑った」「1日晴れだった」「早起きした」とか、些細な事も良いことです。

他人からすればどうでもいいようなことも自分的には良いことってたくさんあります。何事も良いことって捉えだすと気分が良くなってきます。結局は何でも捉え方次第ですよね。つまり、自分次第で良くも悪くもなるんです。あらゆることを良いものとして捉えるツールが3goodです。考えて、文字におこすことが大事ですね。

良いことの方へ向かおうとする

 普通に何も考えずに生きていると、そのまま1日が過ぎていってしまいます。それこそ、些細な幸せも見落としてしまいがち。しかし、3goodを書こうといいことを探す癖がついてくると、良いことの方へ向かおうとします。

「テンション上げて1日を過ごそう!」とか「美味しいものを食べに行こう」とか「どこかへ遊びに行こう」とか自分のとる行動が変わってきます。

こうして良い方へ向かうエネルギーが働きます。とても大事なことですよね。

幸せなのは本当はまわりの人のおかげ

 幸せは気持ち次第、自分次第と書いてきましたが、結局一番大事なのはまわりの人のおかげだと思います。常に忘れずにいたいですね。まわりの人達に支えられて自分の好きなように幸せを感じられているのです。

私はこの事実を軽視していて気付かぬうちに大切な人を蔑ろにしてしまっていました。「3goodを日々書いて、なんでも幸せだと思える俺イイね!」なんて調子に乗っていたのだと思います。一番大事な部分が見えていない完全なるアホでした。まわりの人の幸せまで気持ちが及んでいませんでした。

なんでも幸せだと思えることはとても素晴らしいと今でも思います。しかし、まわりの人たちが居てくれてこそ、ってことを忘れないようにいたいですね。大事なのは感謝の気持ち。意識していたつもりが感謝出来ていませんでした。

まとめ

私が言いたいことは「3goodをはじめよう!」ってことです。絶対に日々をポジティブに過ごせるようになりますよ。私はこの先も続けていきます。

ただし、常に感謝の気持ちを持っていましょう。幸せだと好き勝手に思えるのはまわりの人のおかげです。自分のまわりの人が幸せそうにしていることが本当の幸せですね。今後、3goodでそんなことが書けるように日々を過ごしていきたいですね。もらう幸せではなく与える幸せを。

小さな幸せ拾って過ごしませんか?