読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくら個別北名古屋校の風景

さくら個別北名古屋校の教室長澤木が写真とともに日々の様子を発信します!

北名古屋市内一の「おせっかい」な個別指導塾がさくら個別です

塾日記

こんちには。

澤木です。

 

2年程前から当塾は「おせっかい」を謳っています。「おせっかい」というフレーズを考えたのは塾長です。はじめは「面倒見」という表現だったのですが、どこの塾も使っていますし個性に欠けていたのでやめました。私はこの「おせっかい」というフレーズ、とても気に入っています。

さて、今回はさくら個別がどう「おせっかい」なのかご紹介していきます。

 

f:id:sawaki0318:20151022002905j:plain

テスト前ワークチェックしています

さくら個別はテストで点をとることを目指しているので、学校ワークを何度も反復演習させたいと考えています。学校ワークがもっとも大事ですからね。

そんなわけで、スト2週間前に3科目、1週間前に5科目、直前の土日に3科目2回目のワークチェックを行っています。大体勉強が嫌いで塾に通う子が多いですから、放っておくとやらない子がほとんど。

目指す目標が現状から遠い子には、こちらから「おせっかい」な提案をしていきます。

「2週間前のワークチェックさあ、3科じゃなくて5科にしない?だってお前の目標高いじゃん。皆と同じことしてても届かんって」

なんて背中を押してあげますよ。

 

テスト前は必修自習に来てもらいます

テスト3週間前から1コマ80分の自習を最低12コマ必修で組んでもらっています。合計16時間は塾で勉強してもらいますよ。これは原則全員。ただし、自分でやれるとこちらが判断した生徒は任せていますね。ま、それは例外で、ほとんどの生徒が必修自習をやってもらうことになりますよ!

 自習に関しても「おせっかい」な提案をしていきます。

「前回のテスト週間は12コマだったでしょ。それで10点アップだったわけじゃん。次20点アップ目指すなら12コマじゃ足りんでしょ。ほれ、もっと入れるよ!」

生徒たちは渋い顔をしますが、目標達成を目指すには相応の努力が必要です。生徒に任せると手を抜きがちですからね。こちらで背中を押してあげます。

 

自習時に声掛けします

自習では塾や学校の宿題かワークを進めるのがほとんどです。しかし、生徒たちは疲れてくると眺め勉になったり、まとめ勉をやりだすんですよ。ただ漢字を書きまくる書く勉なんか最悪です。

おかしなことをやっていたら声掛けをしていきます。「おせっかい」にアドバイスしていきますよ。暗記の勉強の仕方、勉強の優先順位の付け方、いろいろと、その子に必要だと思うことをどんどんアドバイスしていきます。

自分の勉強法を否定されて、嫌な顔をする生徒がたまにいますが知りません。ダメな勉強法はダメなんです!

 

まとめ>

さくら個別の「おせっかい」ぶりが伝わったでしょうか。「放っておかないでちゃんと見てますよ!」ってことです。というか、怖くて放っておくなんて出来ません(苦笑)

とはいえ、この先ずっとそんな「おせっかい」を焼いてくれる人はいません。最終的には1人で出来ないと困るのは自分です。いつまでも自転車の荷台を支えていては1人で乗れるようにはなりませんよね。「おせっかい」を焼きつつ、いつか離すことをイメージしながら指導にあたります!

北名古屋市内一のおせっかいな個別指導塾を目指してがんばりMAX!